2008年9月23日 (火)

中国語の勉強の仕方

かれこれ2年近く勉強しているが、全然中国語が身についていない。言い方を変えると、漢字、発音を覚えていない。やはり独学は難しい。

そういえば、紙に書かいていない。

 

我が家にスキャナーがあります。

キヤノン CanoScan LiDE 90
キヤノン CanoScan LiDE 90
おすすめ平均
stars十分使える
starsこの商品を買った人は・・・
starsNo.1 コンパクト
starsとにかく省スペース派の人向け
starsメカオンチには十分便利

Amazonで詳しく見る

紙に書いたやつをスキャナーで取り込んでブログにアップしようかなと思います。どれだけ続けられるか分かりませんが、しばらくやってみます。
(字へたです)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月25日 (火)

6月の検定試験合格をめざす

4月から真剣に中国語の勉強をやろうと思います。というか、今からやらなきゃいけませんね。のらりくらりとやってたのではダメな感じがします。独学なので甘えがあるのかもしれません。

6月に中国語検定試験があるのでそれをめざします。申し込みは4月15日からです。ネットで申し込みができるので楽ですね。

とりあえず、準4級から確実に合格していきます。できれば4級も。

今から検定対策をします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年9月29日 (土)

受け身は少なめに、使役は積極的に

24のコツで中国語がびっくりするほど身につく本」によると

中国語で表現するとき、受け身的な表現はなるべく少なめにしておくほうが無難です。というのは、中国語の受け身的な表現には「被害を被る」というニュアンスが非常に強いからです。

一方、使役態や使役の表現は日本語よりも多めに使ったほうが、中国語らしくなり、「中国語が上手」という印象を相手に与えます。もちろん、正しく使うことが前提ですが。

24のコツで中国語がびっくりするほど身につく本」 P.24

なるほど。まずは使役をしっかり使えるようにしようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

中国語検定試験をどうしようか

中国語検定対策3級・4級 文法編」を見ている感じだと1年間ラジオ講座をやってきたおかげか、4級の文法は何とかなりそう。

ただ、今まで中国語を書いたことがない。そして単語もうる覚え。筆記問題がネックだな。

今の状態だと、ちょっと4級は厳しいか・・・

受けるからには絶対に合格したい。だけど準4級を受けてもなぁ・・・、どうしょう。
 

とりあえず、過去問を買ってそれからでも遅くはないかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月11日 (木)

読点とコンマ

わっ!やばい!読点(、)とコンマ(,)をごっちゃにしてたかもしれません。使い分けてたんですね。知らなかった。人によって好き勝手に使っているもんだと思ってました。

もしかしたら今まで書いた記事で間違いがあるかもしれません。

我有哥哥、弟弟和妹妹。
私には兄と弟と妹がいます。

我有哥哥,没有弟弟。
私には兄がいるが、弟はいない。
 

だれか中国語の入力で読点(、)の入力の仕方を教えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

中国語を3ヵ月間勉強して

中国語を勉強して3ヵ月が経ちました。信じられないぐらいに順調に勉強できてます。

ラジオ講座で毎日勉強するのがいちばんですね。ラジオ講座がなければ、続けられなかったかもしれません。

しかし独学なので発音が怪しい。自分では真似してきちんと発音しているつもりでも、ネイティブが聞いたらおかしく感じると思う。だけどこの四声の発音が好きになりました。自分で発音するのが面白くてたまりません。

中国語を勉強して思ったのが、“語順”ということですね。語順がしっかりしてます。まぁ実に論理的です。

北京オリンピックまで1年以上ありますが、あっという間です。今から一生懸命やらないといけないというのは分かってます。これからもラジオとテレビ、そしてインターネットの中国講座を駆使してしっかりと勉強したい。

もちろん、習いたいというのもありますが、あまりお金を使いたくないんですよね。でも語学はお金を使わなきゃいけないのも事実です。どうしようかなぁって思ってます。近くに学べる場所があるんですけど、どうしようか迷ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

「人材輸入国」日本

朝鮮日報の記事から

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/08/21/20060821000025.html

 

続きを読む "「人材輸入国」日本"

| | コメント (0) | トラックバック (0)